習字で「光」を書いてみよう!~楷書・行書・草書・隷書・篆書~

目次

「楷書」で「光」の書き方をマスターしよう!

楷書で描いた光のお手本

 楷書はみなさんが小学校などではじめに習う書体であり、書の基本です。履歴書や宛名書きなど正しくキレイな字“美文字”が求められる場でも使われている書体です。そんな楷書での「光」の書き方をまずは覚えましょう!

 「光」は線のバリエーションがあるため、強弱をつけてより躍動感のある文字に見せましょう。美しい文字に見せるポイントは3つ!

その1:1画目は文字の中心に書く
1画目は文字の中心

 この1画目が文字の中心を通っているかどうかで、芯のある文字かどうかが決まります。慎重に書きましょう。

その2:2画目と3画目は、1画目の縦線よりも下に書く
突き出す
右上がり

 頭(1画目)がしっかりと突き出ている方がメリハリのある文字に見えるため、2画目と3画目は少し下の位置に配置します。また、2画目よりも3画目の方が少し上(右上がり)になるように配置するとバランスが良くなります。

その3:最終画は少し内側に入った後水平になるようにして書く
少し内側に入る
水平

 最終画は始筆から曲がるまでの縦線部分がやや内側に入るように書きましょう。また、曲がった後の横線をなるべく水平に書くことにより、土台がしっかりとしたゆとりがある文字に見せることができます。イメージとしては、最終画の横線は文字のお皿のようなものです。

 これら3つのポイントを押さえて綺麗な「光」を書けるように練習してみましょう!

楷書での書き順を覚えよう

 「光」の書き順はこちらを参考にしてください。

楷書1画目
楷書2画目
楷書3画目
楷書4画目
楷書3画目
楷書4画目

「行書」で光の書き方をマスターしよう!

行書

 行書は楷書を崩した書体で楷書よりも短時間で書けるという利点があります。

 手紙や走り書きでメモを取る時など、素早く書きたいときに使える書体です。

行書のポイントは
  • 見た目が曲線的になっている
  • 一部が省略して書かれている場合がある
  • とめ・はね・はらいの部分が変化する

 など

  • 「はらい」が「とめ」に変わっただけのほぼ楷書と同じもの
  • 複数省略して書いた草書に近いもの

 どちらも行書になるため、崩し方によって文字の雰囲気はガラリと変わります。

 今回は「光」をより速く書くコツをお伝えします。「光」を素早く書くためには、「点画を連続させる」書き方が一般的です。

 2~5画目を連続して書くことにより、文字に躍動感を生み出しました。

行書での書き順を覚えよう

 「光」は通常6画ですが、今回は3画で書く時の書き順画像をご用意しました。

行書1画目
行書2画目
行書3画目

 始筆(起筆)は露鋒で軽く入ることで行書らしい柔らかみのある線が出ます。

草書・隷書・篆書のお手本を見てみよう!

草書のお手本

草書

 草書は画数が非常に少ないため、文字に余白を作りたいときに有効的な書風であります。

 書表現の多様性を極めたい方々が習う書体であるため、日常生活の中ではめったに使うことのない書体でありますが、草書を勉強することにより、日常生活の中で頻繁に使う楷書や行書の線にも滑らかさが出てきます。

 草書で「光」を書くときのポイントは、流れを意識して書くということです。草書には書き方の多様性がありますので、今回は親しみを持っていただけるように、より行書に近い字形を選択しました。

隷書のお手本

隷書

 隷書は日本の紙幣で使われている書体です。お札を見てみると「日本銀行券」や「壱万円」といった文字が書かれていますよね。その書体が隷書です。

 艶やかで優しい印象であるため、商業用の書道のフォントとして使用されることも多いです。

 そんな隷書は一定の速さで書き進め線の強弱をなくすことと、水平に書くことがポイントです

 楷書や行書などは右上がりを意識していくことでスタイリッシユに見せますが、隷書の場合は横線が右上がりにならないように気を付けます。

 隷書で「光」を書くときのポイントは、横線部分を水平に書くということです。「光」は横線が4画目と最終画の2箇所しかないため、その横線が右上がりにならないように意識して書くことが大切です。

篆書の見本を見てみよう!

篆書

 篆書はパスポートや印鑑(印章)で使われている書体で、漢字の中で最も古い書体です。パスポートの表紙に独特な字形で「日本国旅券」と書かれていますよね。その書体が篆書です。篆書は縦長の字形が非常に多く、線の太さも均一にしますが、見栄えのために商業用の書道では線に強弱を出して書くこともあります。

 篆書で「光」を書くときのポイントは、全体的に文字を縦長に書くということです。「光」は特に線に多様性があるため、均一感を出すために線に強弱を出しすぎないように、一定のスピードで書きました。

 草書・隷書・篆書は、中国古典を学びながら、字形を覚えていきます。日本においては書道教室の先生が中国の古典を元にして臨書した作品をお手本にして学ぶことが多いです。

おすすめ記事