段位・資格について

目次

段位・級位とは?

 段位や級位とはスポーツや芸道などの分野の中で、技量の度合いを表す階級のことです。基本的には級位を経て段位になります。ほとんどの場合は十級→九級→八級と始まっていき、一級に合格すると初段になります。その後二段→三段と進んでいき、十段を最高位とすることが多いです。(分野によって異なります)将棋や柔道、検定試験などでよく耳にすると思いますが、実は書道にも級位や段位といった等級があります。

書道における段位とは?

 書道における段位も基本的にはその人の書道の腕を示す階級です。書道教室の中には段位の習得を一つの目標としているところもあります。

 書道の級位・段位は日本国内で一つに統一されているわけではありません。各書道団体や流派の中で独自の段位制度が設けられており、それぞれで階級の区切りや昇級昇段の条件は異なります。そのため、書道の段位はその流派や書道団体の中でしか効力を持ちません。ある流派で五段を取ったからといって他の流派でも五段の実力があるわけではないのです。加えて日本には百以上の書道団体や流派があるので、自分は段位を持っていると胸を張って自慢できるとは限らないのです。

 実は、段位は実力をあまり反映していない場合が多いです。子供向けの書道教室には特によくあることですが、毎日真面目にお稽古に通っているだけでほぼ自動的に昇段していきます。生徒のモチベーションを上げるためのランク付けと割り切った方がいいかもしれません。

 以上のことから、段位を持っているからといってその人に書道の腕があるとは一概には言えません。とはいえ、段位を取得することは決して無意味なことではありません。師範を目指している方は師範免許の試験を受ける条件にもなってくるので、段位取得は必要となってきます。

書道の師範免許について

 書道には師範免許というものがあります。分かりやすく言えば書道を教えることができる資格です。これも段位と同じように書道団体によって与えられるものです。どこの流派でもだいたいは最高位の階級であることがほとんどです。ですが、師範免許もやはりその流派や会派の中でしか通用しません。

 もともと書道を教えるのに必須の資格(国が定めた資格や免許)というものはありません。腕に自信がある方ならば経験・年齢問わずに誰でも教室を開くことは可能です。とはいえ、師範免許なし、段位も無しとなると信用に欠けると思われて生徒が集まらない恐れが出てきます。師範免許はその人の実力を客観的に判断する材料となるので、将来書道教室を開きたいと考えている方は師範免許の取得を目指しましょう。