柔毛筆―柔らかく表情豊かな字に―

概要

 柔毛筆じゅうもうひつは柔らかい毛を持つ動物の毛から作られた筆です。見た目は剛毛筆とは異なり、白い色をしているものがほとんどです。

柔毛筆

柔毛筆の特徴は?

 柔毛筆は柔らかく強弱がつけやすいため、表現豊かな字を書くことができます。そのため草書体や行書体のように省略して書かれる字体や、字と字が連続した部分の多く見られるかな文字などを書くのに最適です。

 一方で力加減が難しく、筆の柔らかさに慣れるまでは思い通りに筆を動かすのが困難です。また、柔らかい故に筆を入れるとすぐに穂が曲がります。剛毛筆とは違って筆の戻りが悪いため、筆を入れる度に筆の形を直さなければならないので、紙の上と硯を何度も往復することになります。

 以上の点から柔毛筆は初心者には少し扱いにくく、上級者向けの筆となります。手になじむまで何度も繰り返し練習しましょう。

柔毛筆に使われている動物は?

 柔毛筆で代表的なものは羊毛筆です。この羊毛とは羊ではなく、山羊ヤギを指しています。柔毛筆も剛毛筆と同様に動物によって異なる特徴を持っています。

 羊毛(ヤギ) 柔毛筆の中でも最も一般的なもの。太筆から細筆まで多種多彩。墨の含みが良く、墨を付け加えないで長く書き続けることができる。
ネコ 毛先が膨らんでいることから玉毛と呼ばれる。弾力が強い。毛が短いため主に小筆に用いられる。かな書道や写経に最適。