筆を下ろそう

目次

新品の筆の状態と名前

 新しい筆を使えるような状態にすることを、筆を下ろすと言います。店頭で売っている筆のほとんどは毛の部分(穂)が糊で固められています。この状態の筆を固め筆と言います。固め筆のままでは字を書くことができません。なお、糊で固められていない筆は捌き筆と言います。

大筆と小筆の下ろし方

 筆の下ろし方にもきちんとした手順がありますし、大筆と小筆では筆の下ろし方は異なってきます。正しい手順を踏んで筆を痛めることがないようにしましょう。なお、捌き筆の場合は筆を下ろす必要はありません。

筆の下ろし方 ~大筆編~

 漢字や書初め用の太い筆(大筆・太筆や中筆)は毛先から根元までしっかりと降ろします。毛先の方からゆっくりと優しく指の腹を使って揉み解していきます。この時に力を込めて無理やり毛を解そうとしたり、机や床などに押し付けたりすると筆が傷む原因となります。硬くてなかなか解れない時はぬるま湯につけながら揉むと解れやすくなります。

 十分に解れたらぬるま湯か水に浸してからしっかりとすすぎ、穂に付着している糊を洗い落とします。最後に布や反古紙で水分を拭き取って筆下ろしは完了です。

 初心者の方で柔らかい筆を使っていて筆のコントロールが難しいと感じている方や、硬い筆を使っている方は、穂全部を下ろすのではなく、毛先から3分の2くらいを下ろすとちょうど良いかもしれません。

筆の下ろし方 ~小筆編~

 小筆は穂先の部分のみを使って書くことがほとんどなので、大筆と違って根元まで下ろしません。先端の3分の1くらいを下ろします。漢字用や大きめの字を書く用に小筆を使う場合は根元まで全部下ろしてしまっても構いません。

 基本的な下ろし方は大筆と変わりません。指先を使って毛先だけを優しく揉んで下ろします。毛の量が少ないので水につけなくても解れますが、水につけながら行うと同時に糊も落とすことができます。

 小筆は細くて繊細なので、筆を下ろす際も痛めないように慎重に下ろしましょう。

新品の筆についている透明のキャップはどうするの?

 新品の筆には透明なキャップがついているものがあります。筆を下ろしてしまったらこのキャップはもう必要ありません。むしろ、このキャップを付けて使用済みの筆を保管するとカビが発生したり、毛が抜けたりする恐れがあります。筆を下ろしたらキャップは早々に捨てるようにしましょう